広告との出会いが、 私たちに幸福をもたらすものであるために。 暮らしを取り巻く環境が大きく、しかも多様に変動する中で、 広告のあるべき姿も、日々進化を求められています。 時代とともに変化し、成長してゆく広告―――。 JAAAは、広告が健全に育ち、 未来をより豊かに美しく彩るように、 今日も、そして明日も日本の広告を支えています。

TOP > 最新情報

【ビジョン小委員会】2018.04.02

第五回「広告業界の若手が選ぶ、コミュニケーション大賞―
Innovative Communication Award(ICA)―」審査結果発表

一般社団法人日本広告業協会(理事長成田純治・㈱博報堂)主催による、第五回「広告業界の若手が選ぶ、コミュニケーション大賞 –Innovative Communication Award-(ICA)」は、12月19日にICA実行ワーキンググループによる審査会にて大賞、優秀賞のコミュニケーションを選出し、3月14日開催の第304回理事会において承認、決定した。

一般社団法人日本広告業協会ビジョン小委員会は、会員各社の若手社員20名からなるICA実行ワーキンググループを組織し、その運営のもと、募集・審査を実施した。

本賞は、①業界の若手による推薦・応募・選考・運営(推薦者の要件は会員各社の30歳未満の社員)、②対象となるのは、「人を動かす仕掛け」が含まれていて、「課題があり、これを解決する」という構図とその「結果」が明確な「コミュニケーション」で、従来の広告でないコミュニケーションも対象、③推薦者(応募者)がかかわっていない施策でも応募が可能、という点を特徴とする。応募から審査まで若手に制限することで、新しい感性や発想を、広告業界に新風として取り込んでいくことを意図している。

第五回の応募総数230件の中から大賞1件、優秀賞5件を選出した。

 

第五回大賞の「注文をまちがえる料理店」とは、ホールで働くスタッフ全員が認知症のため、ハンバーグを頼んだのに餃子が届いてしまったりする料理店。オープン期間中の当日券が完売するなど、SNS等で大きな話題を呼んだ。認知症に対する世間一般がもつネガティブなイメージを払拭するため、実際に認知症の人と接する機会を提供、「まちがえることを受け入れ、まちがえることを一緒に楽しむ」という、社会の受容度・寛容度を考え直そうという価値観を提示した点が評価された。推薦者も全17名と過去最多となり、このコミュニケーションがいかに優れたものであるかを証明した。

なお、大賞、優秀賞、最終選考に残ったファイナリストは、会報JAAA REPORTS4月号の特集「第五回『広告業界の若手が選ぶ、コミュニケーション大賞』審査結果発表」及び当協会ホームページで紹介する。

 

第五回ICAニュースリリース

第五回ICA 大賞、優秀賞、ファイナストの紹介

JAAA REPORTS 4月号 特集記事




〒104-0061
東京都中央区銀座7-4-17
Tel.03-5568-0876
Fax.03-5568-0889
メールアドレス : info@jaaa.ne.jp

>>お問い合わせ
>>ご利用にあたって