中国最新テクノロジー研修ツアー<会員社限定>

海外交流委員会では、今年度、新企画として中国(北京)最新テクノロジー研修を実施します。

発展著しい中国のデジタルテクノロジー系企業を厳選し、5カ所(予定)訪問研修を実施します。

 

■日  程 20191126日(火)~1129日(金)<4日間>

■訪問都市 中国・北京(1都市)

■研修目的 中国における最新デジタルテクノロジートレンドの把握

■募集人員 20名限定12名まで・会員社限定】 ※先着順受付

■参 加 費 298,000円(おひとり)

■旅行条件の詳細は、募集パンフレットをご覧ください。

■参加申込方法 ご記入済 参加申込書+PASSPORTコピーを、

メール添付で〔kimurajaaa.ne.jp;tsunodajaaa.ne.jp〕までお申し込み下さい。

受領後、お申し込み確認のお電話をいたします。

<◆=@、迷惑メール防止のため、@を◆に変えてあります。>

■募集パンフレットをダウンロードし御覧ください。

①案内文書(PDF中国新テクノロジー研修ツアー2019‗ご案内

②募集パンフレット(PDF中国新テクノロジー研修ツアー(募集パンフレット)20190604

③参加申込書(Word中国新テクノロジー研修ツアー2019申込書

 

■出発前事前研修会を実施します。

1115(金)15:0017:00予定(会場:電通銀座ビル・8階・共用会議室)

 

■研修内容 海外交流委員会メンバー社の株式会社OPTの全面的なサポートを得て、中国における最新テクノロジー企業において訪問研修を行います。5社程度訪問し、現在のリアルな中国の現状を体験する研修ツアーとなります。

■企業研修 候補 《下記、候補企業等に折衝し、5企業程度を訪問研修する予定です。訪問の確定は出発30日前となる予定です。》

盒馬鲜生(ファーマーシェンション)= 2015年に設立された新たな生鮮スーパーで、アリババが出資。生鮮品の販売だけでなく、デリバリーなどのサービスを提供し、オフライン店舗の顧客に生鮮食品、飲食などのサービスを提供するプラットフォーム。現在中国国内では13店舗を展開。店内では50ヵ国から仕入れられた海産物が並んでいる。そして、リアル店舗と連携し、全ての商品は専用アプリの中に掲載されている。顧客が店頭で試食や実際の商品の確認などをした後、欲しい商品をお店またはアプリで注文し、Alipayで会計、配達予約をすると最速30分で自宅まで送料無料で配達される。

小米(シャオミ、xiaomi)= 2010年に設立され、本社を北京に置く中国のスマートフォン大手企業。世界販売シェア数は3位。 2016年、スマートフォンメーカーとして創業したシャオミはモノのインターネット時代に合わせ、スマート家電の生産にあたる子会社とともに米家(MIJIA)グループを形成。電動バイクや、社名通りの炊飯器を発売するなど総合家電メーカーとしての色が濃くなっている。

字节跳动(Bytedance)= Bytedance20123月に設立された中国国内で近年最も急速に成長しているIT企業の1つ。豊富なベンチャービジネスの経験と経営のノウハウを蓄積しながら、高い技術力を中心に据えたテクノロジー企業。国内外の学術界や産業界の最高峰の人材が集まり、リコメンドエンジン、機械学習、データマイニングにおいて世界で高い競争優位性を持つ。現在、世界10カ国・30都市以上に支社やオフィスを構え、10,000人以上の従業員がいる。

Tech Temple(科技寺)2013年、北京で設立。インキュベーション・スペース。インターネット等、技術スタータアップ企業に向けサービスを提供。

科大讯飛 =中国で最も有名な人工知能音声認識及び言語解析技術研究開発、ソフト等研究開発、音声情報サービスのシステム組込会社。

滴滴出行 =北京市に本社を置く中国大手ライドシェア(相乗り)企業。

漢能集団 =1994年設立、新エネルギー及びエコエネルギーの会社。中国クリーンエネルギー大手、主に水力発電技術、風力発電技術、特に太陽電池パネルと薄膜太陽電池のメーカーとして、太陽光発電システムの世界的リーダー企業と言われている。傘下の子会社は香港に上場しており、子会社の時価総額は1648億香港ドル(2.3兆円)

新浪微博 =中国トップのインターネットポータルメディア「新浪(SINA)」を運営している。TwitterFacebookの要素を併せ持ち、中国全体のミニブログユーザーのうちの57%、投稿数にして87%を占める。現在、中国で最も人気のあるネットメディアの一つ。20098月に発足し、20183月時点の月間平均アクティブユーザー数は約4.11億人を超え、デイリー平均アクティブユーザー数は1.84億人を超える。アリババは第二の株主で、その持ち株比率は31%である。NASDAQ上場、時価総額約200USD(約2.1兆円)。

百度(Baidu) =中国最大の検索エンジンを提供する企業。全世界の検索エンジン市場において、Googleに次いで第2位、中国語検索エンジンは第1位。中国国内では、Googleを押さえて最大のシェアを占めている。中国国内で提供されているサービスは現在までに35にのぼる。中国語検索の強みに加え、若者に人気のあるコミュニティやマルチメディアサービス(画像・動画)を拡充したことが、中国ユーザーを引き付けている。2015年、自社開発したスーパーコンピュータの人工知能が音声認識能力コンテンストでGoogle等を上回って世界一になったと発表した。201775日、フォード、ダイムラー、NVIDIA、マイクロソフト、インテル、コンチネンタル、ボッシュ等50社と世界最大の自動運転車開発連合「アポロ計画」を設立。NASDAQ上場、時価総額約846USD(約9兆円)。

 

☆お問合せ先 一般社団法人 日本広告業協会 木村・角田 TEL: 03-5568-0876