2021年「JAAA若手大賞」応募に関するよくある質問

応募について

1/自分が関わったケースでなくても応募できますか?

A:応募できます。この賞は様々なコミュニケーションを讃えるもので、もちろん、ご自分のケースを
ご応募いただくこともできます。

2/今年31歳になりますが、いつの時点で30歳であれば応募資格がありますか?

A:応募の時点で30歳以下であれば、応募資格があります。

3/複数のコミュニケーションを応募できますか?

A:3件まで応募できます(JAAA会員社社員の方)。

4/JAAAの応募サイトからではなく、持ち込みやメールでの応募はできますか?

A:原則として、応募サイトのみでの受付となります。
個別のご相談には応じますので、その際は事務局にお問い合わせください。

対象について

5/広告でなくてもよいのでしょうか?

A:対象とするコミュニケーションは、広告以外でもエントリー可能です。
「人が動く仕掛け」が含まれていること、また、「課題があり、これを解決する」という構図があり、
何らかのかたちで「その結果」が明確であることが必要です。

6/昨年実施されたコミュニケーションでもよいでしょうか?

A:2021年11月1日~2022年10月31日に実施されているコミュニケーションに限ります。

7/海外のケースは推薦できますか?

A:コミュニケーションの対象は日本国内に限ります。
ただし海外の主催者が日本国内において実施したコミュニケーションは対象となります。

8/エントリーを考えている施策が、賞の応募対象にあたるかわかりません。

A:一度事務局にお問い合わせください。

9/審査員はどのような方でしょうか?

A:当協会会員社に所属する「本賞実行ワーキンググループメンバー」と、
JAAAイノベーション委員会委員の代表が審査いたします。

10/結果はいつ、どのようなかたちで発表されますか?

A:2023年4月の当協会会報「JAAA REPORTS」並びに当協会ウェブサイトにて発表いたします。
受賞のニュースリリースも発行する予定です。

11/発表の際に公開される情報を教えてください。

A:受賞コミュニケーションとその実行者及び施策、またその推薦者について発表する予定です。
推薦者のお名前、社名等を公開させていただくことがございます。
いただきました情報は、本賞の発表にのみ使用いたします。

12/賞金は誰がもらえるのでしょうか?

A:大賞、優秀賞、特別賞のコミュニケーション施策にご応募いただいた推薦者の方全員に、
報奨金というかたちで授与いたします。
推薦者が複数の場合、賞金(報奨金)は推薦者数に応じて均等に配分します。