倫理綱領

一般社団法人 日本広告業協会広告倫理綱領

綱領

私たちは、企業と生活者、企業と企業、企業と社会、社会と個人等を結ぶ広告を中心とした様々なコミュニケーション・サービスの担い手として、広告が社会に与える影響の重大さを認識し、広告業本来の社会的責任を果たすことにより、豊かで文化的な社会づくりに貢献することを使命とします。 私たちは、広告主、媒体社および協力会社とともに、それぞれの主体的立場を尊重し、たがいに協力して、これらの使命を達成するために最大限の努力を払い、次の綱領およびクリエイティブ・コードを定めて広告倫理の向上に寄与しようとするものであります。

・広告は、真実を示し、社会の信頼にこたえるものでなければならない。

・広告は、関係法令や倫理規範を遵守するとともに、人権を尊重し、公正な表現を行うものでなければならない。

・広告は、健全な社会秩序や善良な習慣をそこなうものであってはならない。

・広告は、品位を重んじ、明るく、すこやかな生活づくりに貢献するものでなければならない。

・広告は、生活者利益を優先する情報を提供するものでなければならない。

・広告は、効果的で、効率的なコミュニケーションを通じて、最適なソリューションに貢献するものでなければならない。

クリエイティブ・コード

・広告は、創造性を追求し、人々の心に喜びや感動を与えるものにしよう。

・広告は、社会の規範や秩序の上に立って表現の可能性を追求しよう。

・広告は、創造性を尊び、第三者の権利を侵害してはならない。

・広告は、虚偽や誇大な表現をすることなく、真実を伝えなければならない。

・広告は、あいまいな用語や内容で、誤解を招くような表現をしない。

・広告は、他をひぼう、中傷してはならない。

・広告は、人権に配慮し、不当な差別的表現をしてはならない。

・広告は、品位を保ち、不快な印象を与える表現をしない。

・広告は、幼少年の健全な成育の妨げにならないように配慮しよう。

・広告は、簡潔な表現を用い、わかりやすく、受け入れやすいものにしよう。

広告人行動指針

・私たちは、人権についての正しい理解と知識を身につけ、企画・制作・調査・営業など、業務のすべての過程において人権に配慮します。

(業務と人権)

・私たちは、すべての業務を、公正な競争と適正な取引に基づいて行うものとし、関連する法令や社会ルールを遵守します。

(取引の公正化)

・私たちは、国際的な業務において、国際ルールや現地の法令はもとより、現地の文化や習慣を尊重します。

(国際業務における配慮)

・私たちは、個人情報の保護などはもちろん、業務上知り得た機密情報を厳重に管理し、関連する法令を遵守し、厳正に取り扱います。

(情報の管理)

・私たちは、ともに働く人々とお互いの人権を尊重し、健全で働きやすい職場の創造と維持に努めます。

(職場での関係)

・私たちは、協力会社を対等なパートナーと考え、関連する法令を遵守し、信頼に基づく、公正な取引を行います。

(協力会社との関係)

・私たちは、反社会的勢力との関係を一切持たず、不当な要求は断固として拒否します。

(反社会的勢力の排除)

・私たちは、環境に配慮し、持続可能な社会の実現に寄与します。

(環境への配慮)

・私たちは、業務を通して、地域や社会に貢献し、よき企業市民をめざします。

(社会貢献と企業市民)