メディア委員会

メディア委員会は、媒体取引に関する諸問題を研究するとともに、媒体関係団体と協力して様々な課題への対応をの折衝を行っております。メディア調査研究小委員会・新聞小委員会・雑誌小委員会・ラジオ小委員会・テレビ小委員会・交通広告小委員会・インターネット広告小委員会の7つの小委員会と特別委員会が設けられています。

 

[デジタル特別委員会]

広告素材のデジタル化に関するルール作りやインフラ環境の検討など、
広告関係団体と協調しながらデジタル運用基盤を整備する活動を行っています

[メディア調査研究小委員会]

媒体効果調査の研究や、メディアデータの収集、広告関係団体間における調査問題に対する情報交換や協議などを行っています

[新聞小委員会]

新聞広告の発展と価値向上のため、関係団体と協力し、会員社を中心に啓発活動を行っています
また日本新聞協会と協働して、新聞広告原稿の送稿整備、新聞カラー広告の色見本NSACの更新など、新聞広告がより使いやすいものになるよう対応を進めています

[雑誌小委員会]

雑誌広告の共通課題や価値向上のための活動を行っています。
雑誌広告オンライン送稿推進のための「雑誌広告デジタル送稿推進協議会」への委員派遣や雑誌広告効果測定調査「M-VALUE」への協力、そして雑誌広告の新しい可能性に向けてセミナー等の検討をしています

[テレビ小委員会]

テレビ広告に関わる媒体価値向上を目指し活動を行っています
放送確認WG/CM運行WG/有事WG/オーディエンスデータWG/フォーラム実行WG/字幕付きCM検討WG/4KCM運行WG等、
傘下で研究と検討が行われ、字幕付きCM普及推進協議会も担当しています

[ラジオ小委員会]

ラジオ広告に関わる媒体価値向上を目指し、ラジオCMにまつわる様々な課題に取り組んでいます
安全、確実かつ効率的なラジオCMオンライン運用のためのルールや送稿システム作り、普及促進に向けた活動等を行っています

[交通広告小委員会]

日本鉄道広告協会、関東交通広告協議会(11社会)と連携して「交通広告共通指標」の整備および啓発を行っています
また交通広告の価値向上に向け、時宜を得たテーマで交通広告セミナーを実施しています。

[インターネット広告小委員会]

インターネット広告全般に関する情報収集と会員社との共有、またデジタルマーケティング領域における広告会社のプレゼンス向上のための活動を行っています
ネット広告の基礎から個々の課題についてのセミナーや、アドテック等東京などイベントへのワークショップの提供、ほか、
関係団体と連携してネット広告に関するガイドラインの策定や研修を実施しています